育毛において栄養がなぜ大切なのか?

栄養は髪の命

ハゲは栄養軽視が引き起こしている?

育毛していますか?

毛根元気ですか?
(^_^)

あなたの育毛サポーター育毛同心伊藤昇治でございます。

髪に必要な栄養、摂っていますか?

髪も体を構成する一部ですから、当然のことながら栄養摂取が必要不可欠です。

ところが、あれれ?それで大丈夫?という栄養摂取状態になっている脱毛モードの方を見かけます。

そこで今回は育毛における栄養の重要性について考えていきます。

髪にダメージを与える食事が蔓延している!

髪の主成分は、たんぱく質です。

そして、微量にミネラルが必須となります。

亜鉛などの微量元素は、気をつけなければ摂取できません。

ところが、どうでしょうか?

日常的にファーストフード、インスタントフードいわゆるジャンクフードですね。

こればかり摂取している人が、けっこうな感じで目につきます。

体によろしくないですよと言われているものの多くは、口あたりが良かったり、簡単に食べられることから、ついつい口にしがちです。

ところが、必要な栄養素が、ジャンクフードで摂取できるか?

と言えば、それはないです。

むしろ、髪の毛にダメージを与える活性酸素の仲間とも言える過酸化脂質は過剰に摂取できます。

また、砂糖や精製された小麦なども摂取過剰になるなど、髪だけでなく体全体によろしくない影響を及ぼします。

乱れた食生活を送りつつ、

髪の栄養が足りない!

だから、サプリメント摂取だ!

なにか違いますよね。

根本となる食事から摂取できる髪に必要な栄養が不足すれば、当然ながら脱毛の原因につながります。

糖質制限で脱毛促進の事例も

乱れた食生活は、さまざまな問題を引き起こします。

例えば、肥満。

肥満から脱却するため、現在ブームになっているのが、糖質制限ダイエット。

糖質制限が一定の効果があるのは、CM等で見ても一目瞭然。

また、ガンの主たる原因の一つが、がん細胞が好む糖質。

その糖質を制限するとガンを制御できる。

よって、がん患者、【ガン】になりたくない人向けの食事においても、糖質制限が推奨されています。

ガンに関心のある方も多いこともあり、一躍、糖質制限がブームになっています。

ところが、糖質制限ダイエットに衝撃の事実が浮かび上がっています。

それはリバウンドと脱毛です。

糖質制限が厳しいがゆえ、ダイエット完了後、思わず糖質を過剰摂取しリバウンドすることが、かなりあるようです。

コンテストのためボディービルダーなども、コンテストにむけての数ヶ月のみ、糖質を極端にカットします。

むろん、コンテストが終了すれば、糖質を摂取します。

そして一番の関心事、脱毛現象です。

育毛のプロ辻敦哉さんの世界一簡単な髪が増える方法を読んで知ったのですが、

糖質制限ダイエットを行ったクライアントの脱毛がひどくなったと。

糖質そのものが、髪の栄養になるわけではありませんが、糖質が不足すれば、たんぱく質、脂質も身体を動かすエネルギーとして消耗されます。

よって、たんぱく質不足が起こり、脱毛が進むと言うことが考えられます。

冷静に考えれば、がん患者は、運動量が少ないですから、糖質を最小限にしても大丈夫でしょう。

ところが、一般の社会生活を送るのであれば、必要最低限の糖質摂取がなされないと、たんぱく質不足からの脱毛現象が起こる可能性があることを暗示しています。

むろん、砂糖や精製された小麦やお米の過剰摂取はよろしくありませんが。

育毛したかったら栄養摂取は必須

体の変調は、髪や爪などの末端に現れやすいと言われています。

内臓などの生命維持に必要な臓器や筋肉を守るために、爪や髪を偽性にしてでも守る防御システムができあがっているのでしょう。

ヒトが生き残ってこられた仕組みとも言えます。

髪を犠牲にするのは、

ゴメンだ!

そうですよね。

であるならば、栄養つまりは食事の見直しは必須です。

育毛、発毛、脱毛予防を促進するためにも、食事の見直しやっていきましょう。

応援します、育毛するあなたを。

詳しい、食事のメニューなどは今後随時アップしていきますので参考にして下さいね。

それでは、元気に育毛に取り組んでいきましょう!

最後に動画にまとめました。

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*