【育毛】たばこがやめられない訳とは?

育毛のためなら喫煙を!

ハゲますか?たばこ止めますか?

育毛していますか?

ハゲという言葉に敏感になりすぎてませんか?

お世話になります育毛同心伊藤昇治でございます。

ハゲ予防にとって回避すべきではない【タバコ】について検証します。

たばこの起源と拡散

タバコは、アンデス山脈が発祥です。大航海時代にヨーロッパに広まり、その流れで日本へも広まりました。

いつ入ってきたかは明確に分からないようです。

タバコメーカーであるJTのウェブサイトにも、文禄年間(1570~1596年)ころではないかと記されています。

慶長年間(1596~1615年)になると、絵画に喫煙する姿が描かれるようになったようです。

明暦の大火に代表されるように、江戸時代は火事となったら一大事だったため、幕府は、たばこの喫煙、売買、耕作の禁令を1615年に発布。その後1622年までに5度禁令を発布。

それだけ禁令が出ると言うことは、禁令が出てまでも、タバコを吸いたいという庶民が多かった証左でしょう。

1624年寛永の世となると、喫煙自体は認められるようになったようです。

そういった始まりから、キセル、パイプ、紙巻タバコ、たばこペイパー(加熱式たばこ、蒸気たばこ)などがあります。

このタバコ。

太陽にほえろ!

西部警察

と言った懐かしの刑事ドラマを見ると、まぁよくもここまでタバコを吸うものだというくらいにタバコ吸うシーンを見ることができます。

また、今と違って、駅のホームでタバコを吸うのは当たり前でしたから、ポイ捨てが凄かった時代でもありました。

育毛同心が好きなF-1では、代表的なところでは、ロータスがJPS(のちにキャメル)マクラーレンがマルボロとタバコメーカーのカラーリングで滑走していたものです。

そんな時代を経て、いまはドラマでタバコを吸うシーンすらマズいような時代。

F-1も2011年にフェラーリがフィリップモリスとのスポンサー契約が途切れ、完全に撤退という時代になりました。

世界的な嫌煙ムードもあり、喫煙派にとっては難しい時代を迎えたことは言うまでもありません。

喫煙習慣から脱却しタバコと決別するには

伊藤昇治という一個人の考えでは、人に迷惑を掛けない限り、タバコを吸おうが何をしようがお構いなしという立場です。

しかしながら

育毛同心となれば別問題です。

たばこはダメです。

なぜならば、たばこを吸うことで、頭皮へ送られる血中の酸素量が低下。おまけに活性酸素も大量発生。

喫煙を続けていたなら、こりゃぁ、いくら育毛サロンに通う、はたまた育毛剤を使用しようが、効果は半減どころか、相殺され、効果はみられないはずです。

じっさいバーコードヘアだった自分の父も、けっこうタバコを吸っていました。

思えば、父親の家系でハゲてる親族は、ほぼタバコを吸ってました。

半数以上が喫煙習慣がある時代ですから、当たり前かもしれませんが、少なからず頭皮にダメージを与えていたはずです。

また、自分の周囲のリサーチをしていると、ハゲている人の90パーセント以上が、いまでも喫煙習慣がある、またはかつて喫煙習慣があった人です。

もっと広げれば結果は違うかもしれませんが、かなりの確率でハゲを助長するのが、たばこであり、喫煙習慣と言えます。

ハゲ予防は喫煙習慣の脱却から

たしかに、ヘビースモーカーでもはげない人ははげません。

許容量が人それぞれ違いますから、結果としてハゲないだけですが、ハゲない分、いずれどこかに障害が生じる可能性は否定できません。

よく高齢者でタバコを吸って元気な方を紹介して、タバコを礼賛している人をみかけます。

本当にそうなんでしょうか?

因数分解すれば、昔は、空気そのものが良かった、たばこに対する許容量が大きかったことが容易に想像がつくところです。

人それぞれ個体差がありますから、一つの事例で大丈夫ということは言い切れません。

むしろ、たばこによる頭皮へのダメージは明らかなのですから、やめるべきです。

禁煙道場というもものあるくらいで、大変なことは百も承知。

ですが、ハゲていいの?

ここです、キモは。

ハゲていいのか?

ハゲて笑いものになってもいいのか?

ハゲてつらい気持ちを持ち続けて生きていく勇気はあるのか?

この点をしっかり確認して下さい。

それでも止められない人は、お問い合わせ下さい。

育毛捜査網お問い合わせページ

不動心をつくる方法を特別にご紹介しますので。

では、最後にまとめの動画を

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

喫煙しよう!ハゲ阻止しよう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*