【育毛】乳酸菌キャベツで腸内環境を改善しよう

乳酸菌キャベツ

乳酸菌を摂取できる乳酸菌キャベツとは

育毛していますか?

発毛、進んでいますか?
(^_^)

お世話になります育毛同心伊藤昇治です。

腸内環境が悪化している人が増えていることは、ご存じの通りです。

腸内環境が悪化すれば、便秘などの症状に出ることもあれば、

育毛、発毛、ハゲ予防

という観点からすれば、髪の成分であるたんぱく質や亜鉛などの吸収が悪化し、ひいては

ハゲへの道

が開ける可能性もあります。

そこで今回は、手軽に作れて、日持ちもする乳酸菌キャベツを紹介します。

植物性乳酸菌のかたまり乳酸菌キャベツの作り方

さっそく本題の作り方に入っていきましょう。

材料は

キャベツ 1個(だいたい1キロくらい)
塩 20グラム
三温糖 6グラム
黒コショウ 5粒程度
キャラウェイシード 適量

ジップロック大 1枚
はかり

乳酸キャベツの材料

キャベツと塩だけでも乳酸発酵しますが、砂糖分を多少入れた方が発酵が速くなるので、自分は活用しています。

塩の量は、目分量でなくはかりましょう。

塩は、きゃべつの重量のおおよそ2パーセントが目安になります。これ以下ですと、乳酸発酵しない可能性もありますし、腐る可能性が出てきます。

他方、塩が濃すぎると食べにくいという問題も生じますので、お菓子ほどではありませんが、しっかり塩の分量は量るようにして下さい。

黒コショウ、キャラウェイシードなどの香辛料はお好みになります。

鷹の爪を入れてもいいでしょうし、ローリエなどもいいでしょう。

自分はこれにゴム手袋をしてまぜるようにしています。雑菌対策です。雑菌が混在すると、うまく乳酸発酵しませんので、その点から気を使っています。

作り方は、

キャベツを千切りにします。

半分を千切りにしたらジップロックにいれ、塩と三温糖、香辛料を入れ軽く揉みます。

キャベツをジップロックに入れる

また、のちに残ったキャベツを千切りにしてジップロックに入れます。

しんなりしたら、重しをかけて常温の部屋におきます。

気温によって異なりますが、1日から3日くらいでできあがります。

発酵すると、泡立ち、やや黄色くなります。こんな感じです。

乳酸キャベツの完成

とくに夏場にむかうこの時期からは1日くらいでできあがるでしょう。

あとは冷蔵庫で保存。おおよそ1ヶ月ほど持ちます。

ただし、夏場は2から3週間が目安です。

臭いをかいで怪しい、腐っているようでしたら、食べるのはやめましょう。

ビンへ移す人も多いようですが、性格が適当なんで、ジップロックのまま冷蔵に入れて食べています。(^_^;)

しかし、ほとんどそれで問題はありませんから、面倒な方はジップロックのまま冷蔵で構わないでしょう。(俺だけかもしれませんが)

乳酸菌と乳酸菌キャベツの効能とは

乳酸菌とは、代謝することで乳酸を産生する細菌類を指します。ヨーグルトが有名というか一般的ですね。

じつは野菜にも、乳酸菌が付着していまして

ぬか漬け、しば漬け、キムチ、ザワークラウト

が乳酸発酵を伴います。

ぬか漬けを及川光博、檀れい夫妻が食べているというニュースを見かけました。

乳酸菌を摂取することで、腸内環境を整えることが、肌が命の芸能人では当たり前なのかもしれません。

また、藤原紀香も漬け物の番組で奮闘している姿を拝見しました。

少し、話がそれすぎました。(^_^;)

乳酸キャベツは、塩を加えてつけることで、乳酸発酵を促進させ、酸味やうまみを増した上に、日持ちをよくさせる働きがあります。

まるごとキャベツを購入しても、食べきれないと言った話を散見します。

また、コストパフォーマンスが悪いとも言う人も見かけます。

冷静に考えると、1個1000グラム近いキャベツが、200円から300円です。

ところが、市販のサラダは100gで200円強するのは当たり前です。加工賃、販売に関わるコストがありますから、当たり前ですよね。

そう考えると、一手間加え、日持ちする乳酸キャベツは圧倒的にコストパフォーマンスが良い食品と言えます。

がん予防効果のある野菜

また、がん予防の効果が高い食品のなかで、にんにくに次いで効果があるとされるのが、キャベツです。

そういったがん予防の効果があるキャベツを乳酸発酵させるのですから、効果がないはずがありません。

じっさい乳酸キャベツを食べると、腸の調子が良くなることを体感できます。

これほど体感できる食べ物はないと言い切れるほど、調子が良くなります。

とくにハゲてしまった人、ハゲそうな人に、聞き取り調査をしてみると、圧倒的に腸内環境の悪化があるであろう症状を持っている人が多いことに驚かされます。

便秘はもちろん

便秘と下痢を繰り返す

など、どの角度から見ても腸内環境の悪化が進行してしまっていることが、一番の弱点である頭皮に症状が出ると

はげる

ということになるでしょう。

乳酸菌キャベツを食べた方がいい人は

誰もが食べるべきでしょうという乳酸菌キャベツ。

ですが、とくにオススメしたいのは

外食が多いあなたです。

外食ですと、どうしても野菜を摂取量がへりがち。

1日400グラムの摂取を厚生労働省が推奨しているものの、摂取できていない人の方が多いのではないでしょうか。

作り置きができますし、じつに簡単です。

おっと包丁がないとできませんが。(^_^;)

また、夫、最愛の彼氏が、ハゲそうだ、薄毛になってきたことを心配されているのであれば、ぜひ、作り置きしてあげてください。

まず、腸内環境の改善なくして、

発毛においてV字回復はありません。

ぜひ、乳酸キャベツを活用して、育毛に励んで下さい。

まとめの動画を

を。

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

レシピについて不明な点がありましたら、お問い合わせよりお願いいたします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*