脱毛剤を整髪料と間違って使って大惨事に

脱毛剤の使い方を誤る

パッケージを良く読まずに大惨事に

育毛トライしてますか?

明るくいきましょう。
(^_^)

お世話になります育毛捜査網、管理人の育毛同心伊藤昇治です。

今回は、自分自身がやってしまった大失態についてお伝えいたします。

格好つけようとして使った整髪剤が

高校に入学して間もない頃のできごとです。

当時、父から強要されていたスポーツ刈りから髪の毛を伸ばすことを許され、当時、まだ流行っていた真ん中分けをしておりました。

若い方は、そんなこと親が言うのかよ!

と思われるかもしれません。

まぁ、いまもある高校野球は、大半の学校が坊主刈りのノリが根強く残っていたということです。

埼玉県川口市の中学校の大半が、男子は坊主頭でしたから、親が短髪を強要しても不思議のない時代でした。

話はそれましたが、

ようやく髪の毛を伸ばし、しゃれ心もなかった訳ではないので、髪を決めようと。

当時、姉がある化粧品会社の美容部員をやっていました。

姉が使用している整髪料を借用しました。

よし、これでバッチリだと。

しっかり決まっているなと爽快な気分で学校へ行きました。

そして、体育館で催し物があり、座って見ておりました。

そしたところ、なんと髪の毛がどんどん抜けているではありませんか!

多少抜けるのは、高校生でもあるはずなんですが、抜ける髪の量が尋常ではない!

な、なにかが違う!

そして、授業が終わり、部活も終わって、家に戻り、姉の整髪料をよくよく見ると、

脱毛剤

脱毛剤と書いてあるではありませんか。
(−_−;)

つまりは、すね毛などのムダ毛処理に使うための脱毛剤と整髪料を間違って使っていたのです。

当然ながら、その日の入浴したさいに、

とんでもなく髪の毛が抜けたことは言うまでもありません。

人生において、あれだけ洗髪で髪の毛が抜けたことは後にも先にもありません。

それくらいに脱毛剤の効果は凄い!

と感心したものです。(感心している場合じゃないんですが)

ドジったことでプラスになったことは

整髪料と脱毛剤を間違える。

単なるバカとしか言いようがありません。

若気の至りと言えばそれまでですが、

それにしてもバカ者ですよね。

あなたもそんな経験はありますか?

ねぇーよ、そんなドジ、あんただけだろ

と言われそうです。

ドジ人間ですから仕方ないです。

まとめとして、整髪料と脱毛剤を間違えたことによる教訓。

パッケージは必ず確認して使用する。

本当に十二分に気をつけたいところです。

絶対に育毛には逆効果をやらかしたエピソードでした。

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*