【育毛】における情報過多の弊害とは?

情報過多とどう向き合う

育毛情報が錯乱し混乱していませんか?

育毛していますか?

毛根、元気ですか?
(^_^)

お世話になります。育毛であなたと同じ心を持つ育毛捜査網管理人伊藤昇治でございます。

インターネットが普及して20年あまり。

アナログ回線の頃は、テレホーダイに加入。

23時になると一斉につなぐなんて懐かしい時代を知っているだけで年齢がバレますよね。
(^_^;)

インターネットの発達により、これまでマスメディア中心の情報から、私のような個人発信の情報が増え、

情報の氾濫が起こっています。

そこで今回は、育毛における情報過多社会の弊害について考えてみます。

育毛に必要な情報にたどり着く技術が重要な時代に

【育毛】を検索すると、どうでしょうか?

Googleですと、19,900,000件

【育毛剤】を検索すると、

Yahoo!ですと、10,100,000件

と多くのページがヒットします。

むろん、複合キーワードで絞っていきますから徐々に絞れるでしょうが、育毛に関して多くの人が関心があり、多くの情報提供者もいます。

あなたが知りたい情報があるページへたどり着く。

つまりは検索技術が、調べる側もないと、
なかなか目的のページにたどりつけないという事態に陥ります。

ドツボにハマってイライラすることもあるでしょう。

ストレスは髪にダメージを与えますから、イライラは、ほどほどにお願いしますね。

戦国時代でいえば、武田信玄など有力な武将が、忍者または間者を用い、相手方の情報収集に執着したものです。

これは正しい決断、判断をする上で、的確な情報、第一次情報が必要だったからです。

これと同様に、増毛を考えている、発毛に取り組む、育毛に真剣に取り組むあなたにとって、大切な情報を獲得することが重要です。

失敗の多くは無知から始まります。

知らないがゆえに、最善の決断を下せないのです。

情報を得たいときにやるべきことは1つ

では、どうしたら正しい情報にたどり着くことができるでしょうか?

一番、手っ取り早い方法は、目的を明確に書き出すことです。

なんだ、そんなことか!

と思ったでしょう。

しかし、冷静になって下さい。

なにかGoogleさんするときに、目的を書き出したことはありますか?

ほぼないと思われます。

思いついた言葉を検索窓に打ち込む。

今ですと、音声入力する。

感覚のおもむくままに、検索してませんか?

そこが誤りの始まりだったりします。

何を調べているのか?

何のために調べているのか?

スタートが曖昧なまま進行すると気づくと、
他のことを調べていたりします。

例えば、

汗かきの育毛方法

を調べるとするならば、

手書きでメモするか、パソコン上でタイプするなどして、分かるようにしましょう。

とくに、スマートフォンで検索する場合は、画面に制約がありますから、手書きしておくことをお勧めします。

自分だけかもしれませんが、何度も同じ複合キーワードで調べるなど、ムダを繰り返してしまいます。

育毛だけでなく、やるべきことが多いのは、

あなたも育毛同心も同じでしょう。

そのためには、ちょっとした工夫が必要ではないでしょうか。

戦術の大家クラウゼヴィッツは、

目的目標を定めて最短の軌道を描く

と述べています。

あなたが育毛、発毛を促進させていくためには、最短の軌道が必要ですよね?

加齢もありますし、ダメージを与え続ける生活習慣があったりすれば、気づくのが半年遅れたばっかりに・・・

ハゲてしまった。

ということもなくはないでしょう。

あなたが育毛において、最短軌道を描けるように、脱毛状態を改善できうるように、

育毛捜査網では、全身全力で、あなたに必要な情報をお届けします。

本当に必要な情報を、育毛捜査網で得られるよう内容の充実を図ってまいります。

どうぞご期待下さい。

最後に、動画で内容をまとめました。

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*