【カズ】三浦知良50歳現役に学ぶ自己管理術とは

50歳現役三浦知良

育毛のヒントにもなる自己管理能力

育毛していますか?

育毛捜査網管理人の伊藤昇治です。

今回は50歳にして現役バリバリサッカー三浦知良選手の生き様に、育毛、発毛のヒントを得てみましょう。

驚愕の自己管理術を継続する三浦知良

昨日、サッカーJ2横浜FC三浦知良50歳が開幕戦松本のとの試合に先発出場。

ニッパツスタジアムでのホームゲームに後半20分まで奮闘。チームの勝利に貢献しました。

カズこと三浦知良を知ったのは、たしかサッカーダイジェストに、兄の三浦泰年とともに、ブラジルにサッカー留学の記事でした。

ブラジルの名門サントスでプロデビュー。

コリチーバではレギュラーとして大活躍。

その後、読売クラブに移籍。

読売クラブ在籍時の日本リーグは何度となく観戦に訪れました。

駒沢陸上競技場で行われた三菱自動車(現浦和レッズ)との雨の中のゲームは、観客が1,000人を切っていたと思われますが、その中でも全力で戦う姿が印象に残っています。

ご本人は、アルゼンチン代表がキリンカップで来たさいに、バティストゥータに会いたいあまり、東京プリンスへ行ったおり、宿泊していたところをお目にかかったくらいで、当然ながら、話したことはありません。

この三浦知良、なにが凄いかと言えば、瞬発力、持久力とも必要なサッカーという競技において、50歳にして現役であることです。

とくに、21世紀に入ってから、持久力的な要素に加え、スプリント、つまりはダッシュですね、ダッシュ力が必要とされるようになりました。

持久力に関しても、ペレが活躍した1970年くらいまでは、1試合あたり5,6km程度の走行距離が、現代では10km以上は当たり前、13kmも走る選手もいます。

また、年間の試合数もJ2のゲームだけで、42試合。くわえて天皇杯もあり、テストマッチもあり、体が休まる暇もありません。

それだけハードですから、不幸にも死に至るケースが何度となく起こっています。

そう言った厳しい環境の中、

サッカーが好きだから

サッカーが上手になりたい

という思いを持ち続け、サッカーに取り組んでいる姿に、多くのファンは感動するのでしょう。

50歳という年齢もあり、食事に気をつかい、脂肪分の摂り過ぎなどには細心の注意を払っているようです。

また、回復が遅れるからと断酒しているそうです。

この点は見習わないとです、育毛同心も。

そして、入念なケアも怠りません。

練習後のストレッチングに3時間!かけることもあるそうです。

そういったケアがあるからこそ、30代で引退が大半のサッカー界において、現役でいられるのでしょう。

三浦知良の自己管理術を参考にする

体力的に厳しくなってくる40代、50代。

また、立場によっては、ストレスも尋常ではないでしょう。

ストレスが掛かると、一番弱いところに症状が現れます。

それが、毛髪であれば、頭皮が硬くなり、脱毛が進んでしまいます。

そこで、50歳の今も現役バリバリの三浦知良の自己管理方法に学び、

食生活の改善

全身のケアの徹底

この2点は実践していきたいです。

いきいき仕事に取り組むことも、ホルモンバランスを整える上で、不可欠です。

若い頃なら、勢いで乗り越えられたものの、
年齢を重ねることで、勢いでは乗り越えられなくなります。

健康状態を保つ、あるいは改善していくためには、三浦知良のように、より良い状態を求める探究心が必要になります。

まとめ

サッカー選手ではありませんので、ダッシュする必要はないです。

ですが、健康を維持するためには、適度な運動が不可欠です。

例えば、駅の階段を上り下りするだけでも、かなりの運動領を確保できます。

育毛同心が見る限り、90パーセント以上の人が、エスカレーターがあると使用しています。

もったいないです。

松岡修造がコマーシャルで述べているように、階段はトレーニング場です!

細切れの運動でも、重ねれば十二分な効果を得られます。

ちょっとした工夫で、格段に良くなるはずです。

三浦知良を見ていると、絶対に諦めない。

その心構えの重要性も感じます。

どうか、三浦知良の心構え、現役選手であり続ける自己管理術から学び、育毛を促進していきましょう。

最後に、週刊文春3月2日号に掲載された三浦知良の記事を動画にまとめました。

三浦知良、勇気をありがとう!

さぁ、育毛に発毛にチャレンジしていきましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*