ハゲ、脱毛、相談相手が見つからないという悩みとは

ハゲを相談する人はいますか?

育毛における最大の問題:相談相手

育毛していますか?

発毛進んでいますか?(^_^)

お世話になります育毛発毛で、あなたと同じ心を持つ育毛捜査網管理人の伊藤昇治です。

今回は、けっこうな悩みになっている人も多いでしょう、髪に関する相談相手がいない。

根深い問題ですので、掘り下げて考えてみます。

ハゲるという悩みは簡単に人には相談できない

ちび、デブ、バカ、ハゲなどなど、男性なら悪口として最たる例として、言われたことがある人も多いかもしれません。

デブは、ダイエットすれば解消しますが、背が低い、ハゲは改善のしようがない問題です。(ハゲの場合、カツラを装着すれば見て目はごまかせますが)

ハゲに対して、敏感になっている人ですと、周囲の人には相談しづらい雰囲気があるでしょう。

悩みを持たれている方ならご理解いただけるでしょう。

ハゲは、性病や包茎といった悩みとともに、相談しづらい男性の悩みの代表と言えるでしょう。

親しい人にほど、相談しづらいとも言い換えられます。

まして、彼女に言ったら、笑われる、嫌われるなど考えたら、簡単には相談できないはずです。

とくに、髪が薄いことで、交際を断られたなんて経験がある方なら、それがトラウマとなっていれば、よけいに言い出しづらい問題になっているはずです。

開き直って、言える人なら、困りはしません。

しかし、開き直れないからこそ悩んでしまうのです。

内閣府の調査でも、男性の35から39歳までの未婚率が35.6パーセント(2010年)と高まっており、ますます相談相手がいづらい時代が到来したと言って良いでしょう。

悩みを共有することも一つの解決策

人は、不思議な生き物で、人に話すことだけで、悩みが解消することがあります。

実際問題として、相談したからと言って、

ハゲは

治らないと言われそうです。

たしかにそうです。

すでに毛根が死滅していれば、これは誰に相談しても、髪が復活した!ということはないでしょう。

しかしながら、脱毛の進行が始まったころに、相談相手がいて、育毛に向けた気持ち、心構えを作れていたならば、結果は違うかもしれません。

つまり、誰かに相談することができる状況を作ることが肝要です。

一つの事例として言えるのが、Yahoo!知恵袋なんかがそうですよね。

話し合う訳ではありませんが、文字のやり取りも一種の相談ですから、これも一定の効果が得られるでしょう。

ハゲに関する悩みを打ち明けることで、ハゲに詳しい人から、アドバイスを受けることで、クリアになることもあるでしょう。

また、ネット上には、育毛同心以外にも、育毛で成功した!V字回復した!という方がいます。

そういった方にメッセージしてみるのもいいでしょうし、また、無料カウンセリングをやっている育毛のプロに相談してみるのも、一つやり方としてありでしょう。

あなたのハゲるという悩み、恐怖を、誰かと共有しあうことで、不安を和らげることが、一番必要なのです。

ハゲるという漠然とした不安からの脱却

育毛同心も、ハゲる、はげる、はげるぜお前と何度言われたことか・・・

心が折れるのが大半でしょう。

自分の場合、開き直っていたので、あまり気にはしていませんでしたが、それでも気になることもありました。

一人で苦しむのは、困難をさらに深める結果となります。

最初は、恥ずかしいかもしれません。

しかし、悩みを共有してくれる同士、仲間、友、彼女、師匠がいれば、結果は違ってきます。

育毛という、長期にわたるチャレンジが必要なことだけに、しっかりと相談できる相手を見つけることも大切です。

あなたの悩みを受け止めることができるサイトに育毛捜査網していきますので、悩みをため込まず、毛根を元気にしていきましょう!

一人で悩まない!

動画にまとめました。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*