育毛を含むヘアケア市場は巨大という事実をふまえ

ヘアケア市場

ヘアケア市場規模は4383億円

育毛していますか?

発毛していますか?

お世話になります育毛同心伊藤昇治でございます。

ヘアケア市場、どの位の規模なんでしょうか?

ご存じですか?

今回はヘアケア市場の規模から、育毛についてみていきましょう。

ヘアケアに需要があるからこそ巨大市場に

株式会社矢野経済研究所の調査によれば、
2015年のヘアケア市場に関する調査によると、

ヘアケア市場は、4383億円と巨大です。

かつら大手アデランスの年商は800億円弱。

数字を見ると、やはり凄いですね。

毛髪に関しては、

かつら業界は1402億円。

植毛業界は41億円。

発毛・育毛剤慣例は672億円。

ヘアケア剤は2268億円。

となっているようです。

これだけの金額が動くと言うことは、それだけ毛髪に関して興味関心があるという証左でしょう。

毛髪に投資するからには対費用効果が重要

お金の投資であれば、誰しも対費用効果を考えますよね。

これは毛髪、育毛、発毛においても、対費用効果をみることは重要でしょう。

投資した分の効果を得る。

これは重要です。

投資した分の結果を得られることが理想です。

そのためには情報の精査。

はたして効果が本当にあるのか?

自分にあうやり方なのか?

この点はしっかり調べた上で取り組みたいものです。

くわえて、相性も外せないところでしょう。

いくら素晴らしい方法であっても、担当者との相性が悪いようでは、心理的にはマイナスが発生すると、効果が相殺される可能性もあります。

情報の精査、相性、この点はしっかり抑えておきたいです。

まとめ

ヘアケア市場は、巨大ゆえに、情報が氾濫していることは否定できません。

また、売らんがための押し売りなどもなくはないでしょう。

売上がなければ、会社は存続しませんから、仕方ない面もあります。

そういった押し売りに対しても、冷静に対処するだけの強さも、育毛、発毛促進には不可欠です。

自分自身があわないものは、やらないことも育毛において必須です。

ぜひ、市場が大きいだけに、上手に活用していきたいですね。

まとめの動画を

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*